シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

航空券って座席指定してないと降ろされちゃうってホント!!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんにちは♪ 山田です。

5月も終わりに近づき、
そろそろ梅雨の季節ですね。

この前、北海道の旭川の友人に会いに
行くため、久々に飛行機に乗りました。

実は、私は旅行会社に勤めていたにも
かかわらず、乗り物があまり得意では
ないんですよ。

飛行機に限らず、
電車、バス、船、すべてです。

ちょっとでも体調が悪いまま
乗ってしまうと、
すぐに酔ってしまうんですね。

ですから長距離になればなほど、
憂鬱なんです。

それで、前の日から体調を万全にして
羽田空港に向かったわけです。

これが仲間との旅行だったりすると、
空港でのテンションも上がって
ワクワクするところなんですけど、

一人でしたし、天気が悪かったので
飛行機が揺れないかとか、そんな
心配ばかりしている有様です。





まあ、心配しても仕方ないことですので
、お土産の”東京ばな奈”を買ってから、
覚悟を決め、そそくさと機内に乗り込んだわけです。

座席指定は事前にしたほうがいい!

ところで皆さんは航空券を購入する際、
座席指定はしてますでしょうか?

今はネットで購入する方も多いですから、
自分で座席指定できますから、
大概の方は指定していることでしょう。

もし、当日チェックイン時まで
座席指定していないと、
オーバーブッキングしている便
などは、乗せてもらえない場合が
稀にあります。

ちょっと前に、
アメリカのユナイテッド航空で、
オーバーブッキングにより、
乗客が力ずくで降ろされたトラブルが、
大きなニュースになっていました。

オーバーブッキング自体は、
日本の航空会社でもよくある話です。

ただ、乗客が席に着いてから、
”降りてください”っていうことは、
よっぽどのことがない限り
ありませんけどね。

そのようなことは、
だいたいチェックイン時に言われます。

自動チェックイン機の場合、
チェックインしようと操作していたら、
”係員のところまで行ってください”
みたいな内容の見慣れない紙が出てきます。

それで、係員のところまで行ってみると、
「オーバーブッキングしてますので、
便を変更してください」
的な説明をされ、違う便への変更を
”お願い”されるわけです。

「ちゃんと予約してたのに何で僕が~!?」

って、普通思いますよね。

でも、これにも選ばれる
順番みたいなのがあるんですよ。

その一つに、
”座席指定していない人”なんです。

正直、その信憑性は
定かではありませんので、
ほんとかどうかはわかりませんが、
可能性は高いみたいです。

逆に言うと、事前に座席指定していれば
降ろされる確率は低いってことですね。

ですから、飛行機を予約購入したら、
必ず座席指定も一緒にしてしまうことを
おすすめします。

ほかにも、航空券の値段が高い、安い
という理由で決められることも
あるみたいです。

その代わり、便変更の依頼を
お願いされた方には、
謝礼金1万円ほど払われますし、

それなりの見返りもありますから、
そのことで大きなトラブルに
発展することはないみたいですよ。

いずれにしても、
アメリカの航空会社のように
強引な手段で飛行機を降りてもらう
ということは、
日本ではまずないでしょうね。

ところで、座席の事前指定枠って、
予め決められた席しか指定できないよう
になっているのはご存知ですか?

機材やその便の予約状況にによっても
違うと思うのですが、指定できるのが
だいたい一般席の2,3列目から真ん中
あたりまででしょうか。

50~100席と言ったところですね。

ですから“CAさんの前の席がいいなー”
なんて思っても、事前に指定できる席には
含まれていないことが多いです。

混んでいる便などは、
席と席の間しか空いていないことも
よくあります。

つまり、人と人に挟まれる
真ん中の席ですね。

やはりこのような場合でも、
座席は指定していた方がいいです。

このような便は、オーバーブッキング
している可能性もありますので、
前述したようなことが起こらんとも
限りませんので。

ちょっと余談になりますが、
私の勤めていた会社には
JALの航空端末がありました。
(航空端末とは、JALと直接繋がって
いて、予約や取消、発券などが
できるものです。)

当然、国内便を予約をしたら座席指定も
できるのですが、やはり指定できる席は
限られています。

ところがJALの端末は、
国内線と国際線の2つの画面が
見れるんですよ。

もちろん、国内線の場合は国内画面、
国際線の場合は国際画面で操作するのですが、
実は国際画面でも国内線の座席指定が
できるんです。

しかも、どういうシステムになっている
のかはわかりませんが、
国内画面の座席枠よりかなり多く座席が
指定ができるようになっているんです。

ですので、”憧れのCAさんの席の前”も、
空きさえあれば指定できちゃうんです。

当時、私のお客様には、全部国際画面から
座席指定してましたので、希望の席が
確保できたときは大変喜ばれましたね。

JAL予約センターにお願いしても
国際線の枠での指定は
絶対してくれませんから。




今やマイレージ登録は必須!

みなさんは、飛行機に乗るとき、
マイレージ登録してますか?

よく乗られる方なら
マイルを貯めることは当然かも
しれませんね。

私自身も以前は仕事柄、飛行機を
利用することは多々ありましたので、
JALカードを持っています。



「JALカード」ならマイルがたまる!

お持ちでない方てあっても、
その存在は説明するまでもないと
思いますが、

要は飛行機に乗った区間を
マイルに換算して、
ポイントを貯めていくというわけです。

いまやなんでもポイントの時代。

コンビニ、スーパー、レンタルDVDや、
家電量販店など、ポイントを貯めようと
思えば何でも貯められちゃう
世の中ですよね。

”JALカード”もその中の一つです。

全国を飛行機で飛び回るような
ビジネスマンなら、どんどんマイルは
貯まっていくでしょうし、
当然持っていると思いますが、

旅行に行くときしか
飛行機に乗らないよーなんた方でも、
十分活用することができますよ。

何せ飛行機だけでなく、
ショッピングや公共料金などでもマイルを
貯めることができますからね。




旅にショッピングに「JALカード」

ふと思い出しましたが、
テレビ番組で世界を飛び回る芸能人が、
世界を移動するたびに貯めていたマイルが、

気が付いたら
”地球を3周くらいできるほど貯まっていた”
なんて話をしてました。

さすがに一般の方は、
そこまで貯めるのはなかなか大変ですが、
チリも積もればなんとやらで、
コツコツ貯めれば国内旅行に一回くらいは
行けるんじゃないかと思います。

種類はグレード別に4種類ありますが、
普通カードが1枚あれば十分です。

グレードアップしたければ、
後でもできますからね。

ちなみに私の場合、
マイルを貯めたら航空券購入に
使っちゃってます。

航空券って、格安になったとは言え、
やっぱり高価ですからね。

助かりますよ。

JAL推奨の商品なんかにも
交換できますし、
なにかと特典がありますから

1枚持っていてもいいんじゃないかなあ
って思います。

マイレージカードをお持ちでない方は、
ぜひ参考にしてみてください!



最後までお読みいただきましてありがとうございました。

以上、山田でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする