シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

パッケージツアーの取消料や変更料って??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


こんにちは♪ 山田です。

とっても楽しみにしていた旅行を、何らかの事情で,
行けなくなってしまったなんてことはよくある話です。

それとは別に、万全の計画で予約したはずの旅行でも、
出発までに、やっぱり少し変更したいなあーみたいなことも。

『もう少し出発の早い飛行機で行きたいな~』とか、
『よくよく調べるとAホテルよりBホテルが良さそう』
みたいなことは必ずと言っていいほど出てくるもんなんですよ。

その際、取消料とか変更料ってどうなるんでしょう?

旅行の取消料

パッケージツアーの場合、取消料は旅行業約款に記載されています。

旅行業約款は難しく説明されていますので、要約しますと

取消日が

旅行開始日以降で無連絡不参加の場合    取消料 旅行代金の100%

旅行開始日当日(連絡があった場合)    取消料 旅行代金の 50%

旅行開始日の前日             取消料 旅行代金の 40%

旅行開始日の2日前~7日前        取消料 旅行代金の 30%

旅行開始日8日前~20日前        取消料 旅行代金の 20%

旅行開始日21日前以前          取消料 無料

こんな感じです。

仮に31日を出発日とすると,取消料は

カレンダー

1  2  3  4  5  6  7
ー    ー      ー    ー    ー    ー    ー

8  9 10 11 12 13 14
ー      ー    ー     20%  20%  20%  20%

15 16 17 18 19 20 21
20%  20%  20% 20%  20%  20%  20%

22 23 24 25 26 27 28
20%  20%  30% 30%  30%  30%  30%

29 30 31
30%  40% 出発日50%

※上段が取消日。下段が取消料率(%)

となるわけです。

旅行業約款ですと、
”旅行開始日の前日から起算してさかのぼって二十日目”
みたいな表現で、堅苦しくて非常にわかりにくいんですよ。

なのでカレンダーにしてみました。わかりますか?

上記のカレンダーのように、31日を出発日とした場合、
10日より前に取消したとしても、取消料はかからないんです。

逆に、もし11日に予約申し込みをした場合、その時点で取消料の対象日と
なってしまうわけです。

ですから旅行会社としては、申込時点で旅行代金をお客様からいただかないと
万が一、取消されても取消料を支払ってもらえないことがあるんですよ。

旅行は、お客様が旅行代金を支払った時点で正式予約となりますので、
支払っていない時点で取消されたとしても、取消料はかからないんですね。

そのようなことから、旅行代金を支払ってもらうということは、
正式予約にするという意味のほか、旅行会社が取り消された時のため
取消料を確保するという意味合いもあるんです。

なので、パッケージツアーは予約と同時に旅行代金を支払うことが
原則となっているわけです。

旅行内容を変更したい場合

出発日の20日前から取消料がかかってくるということは、
なんとなくでもお分かりいただけたと思います。

では、出発日を変更したいとか、一部内容を変更したい場合は
どうなんでしょうね?

結論から申し上げますと、どちらの場合も一度予約を取り消ししてから、
再度予約し直しとなります。

という事は、一部の変更だとしても、変更日が出発日の20日前を
切っている場合は取消料がかかってしまいます。

『えー!!それじゃ出発20日前をきったら変更できないじゃない!』って
思いますよね。

確かに、これじゃあ不便ですし不親切ですよね。

パッケージツアーを主催する会社はたくさんありますので、
各社対応は様々だと思うのですが、

私がいた会社の場合、飛行機の時間の変更くらいでしたら、
出発14日前までは無料でやってました。

ホテルや旅館なども同様に、14日前までは無料にしてました。

なぜこういうことができるかというと、旅行会社が航空会社や宿泊施設に
本格的に取消料を請求されるのって、出発14日前を切った取消に対してなんですよ。
(航空会社によっては、20日前から取消料がかかる場合もあります。)

ですから15日~20日前までの取消料は、実際に航空会社や宿泊施設から
請求されることはほとんどないんです。

この期間の取消料は、旅行会社が手配や取消の手続きにかけた時間と労力に対する
手数料的なものなんですね。

だからと言って、何でもかんでも無料にしてくれるわけではありませんので、
誤解の無いようにしてくださいね。

もちろん、希望便や施設が満席や満室の場合は断られることもありますし、、
変更したい便やホテルによっては、料金が高くなる場合もありますので、
その差額はしっかりと請求されますので。

主催会社って、案外手配に関しては融通が利いたりします。

みなさんがもし、予約した旅行を変更したい場合、すでに取消料が発生する日時に
はいっていたとしたら、まずは旅行会社に相談することが大事ですね。

なるべく、お客様の要望に応えたいっていうのはどこの旅行会社も同じでしょうから、
できることは柔軟に対応してくれると思いますよ。

ここまで取消、変更寮についてご案内してきました。

どうでしょう? 参考になりましたでしょうか?

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

今後もお役に立てる情報をご案内できればいいなあと思います。

以上、山田でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする